潮の香りとケーブルと〜島原鉄道見学記〜2014/11/17

西山梨緒

大三東(おおみさき)駅

長崎県諫早市の諫早駅から島原鉄道に乗り換え、島原半島の沿岸部に沿って南下します。海のすぐそばを走っているので、車窓から有明海の雄大な景色が迫ってきます。まるで海上を滑っている気分。この開放感が、観光客をひきつける、ローカル鉄道の最大の魅力です。
島原鉄道といえば、「まぼろしの邪馬台国」で知られる古代史研究家、故宮崎康平氏が経営に携わっていたことを思い出します。窓外に目を移すだけで、悠久の歴史ロマンが広がってきました。
鉄道は島原の人たちにとっては、大切な生活の足であり、生命線です。諫早大水害、雲仙普賢岳噴火などで大損害に遭いながらも、その度に島原の人たちの愛着を支えにして、走り続けています。地元に根ざし愛されている鉄道会社に、橋本興産が商品を納入しているのだと考えると、ちょっぴり誇らしく感じます。
車両は一時間ほどで大三東(おおみさき)駅に到着しました。駅のすぐ横は海。潮の香りが漂ってきました。

電車と気動車は違う!当然使うケーブルも?

電気(モーター)を動力源としているのが電車、エンジン(主としてディーゼルエンジン)を動力源としているのが気動車。長崎市街を周回している路面電車は、上に這わせているOW線:屋外用ビニル絶縁電線が使用されています。(図1参照)
島原鉄道の車両は全て軽油が燃料となる気動車です。(図2参照)。電気を動力とする、電車とは違います。当然、線路の上に這わせる電線は使用されません。では、どこで橋本興産が取り扱うケーブルが使用されているのだろう?今回の取材で一番興味を持っている点です。

(図1)

(図2)

ゴムのケーブルの正体は!?

あっ!連結部分にゴムのケーブルを発見!電源線としてケーブルが使われてました(≧▽≦)
使用されているケーブルを見せてもらうと、ゴム系キャブタイヤケーブルの中で最もポピュラーな2PNCTです。耐候性・耐油性に優れ、屋外での使用にも適しているケーブルです。鉄道車両関係にも使用されているのは新たな発見です。
このように、当社が取り扱っている2PNCTがあちらこちらで使用されています。(図3参照)
2PNCTに取り付けられているコネクタ(図4参照)が気になり、まじまじと見ていると、
車両工場で整備をされる方から製造元を教えてもらえました。
製造元は「ユタカ製作所」。橋本興産に2PNCTをご注文してくださっているお客様でした!
ユタカ製作所とは、長年取引させて頂いています。鉄道車両・製鉄所向けのジャンパ・カプラー・コネクタを造っているというイメージでした。当社が納入しているゴム系キャブタイヤケーブル「2PNCT」の使用状況をお聞きしたいな、と思っていたところです。島原鉄道とつながりがあったんですね!
ユタカ製作所のコネクタと2PNCTをつなげて図3のように実際に使用されています。

(図3)

(図4)

ジャッキにも電源ケーブルが

車両を整備する際に、車両を持ち上げる為のジャッキの電源ケーブルはどうだろう?

車両工場で整備中の車両を持ち上げるジャッキに注目してみました。(図5の車両間にある灰色の製品がジャッキです)
やはりこちらも電源線として、2PNCTが使われていました!(図6参照)

(図5)

(図6)

長年使用されていると聞きました。 キャブタイヤケーブルには明確な寿命はありません。用途やメーカー、使用状況によって異なります。橋本興産では、10年を目安に交換をおススメしてます。

会社の存在価値地元に愛されてこそ

今回、島原鉄道に取材にうかがって、意外なところでケーブルが使用されていたのに驚きました。ひょっとしたら、他の様々な産業で事業チャンスが眠っているのではないか。今後の営業の幅を広げる上で、貴重な機会となりました。
また、鉄道事業を通して地域住民に親しまれる会社の在り方について、とても勉強になりました。地道に誠実な仕事を積み上げていくことが、会社と地域の発展につながると実感しました。私たちもお客様の成功をお手伝いすることで地域に貢献しています。大いに自信を持って、幅広く電線・ケーブルの活用を紹介していこうと、決意をあらたにしました。
最後に、無知な私に丁寧に説明してくださった島原鉄道の方々に心から感謝します。
島原市で食べた郷土料理「具雑煮」。地場の味覚たっぷりで元気倍増でした!
島原観光には、ぜひ島原鉄道を!