橋本興産は良い会社だと思います。
何がいいか?

会社のことを一生懸命考えている私たちがつくっている会社だからです。
これは、自信を持って言えます。

もちろん、会社の経営はお客様の満足実現が大前提としてあります。その中で、社員の満足を実現することが私の仕事であり、社長の仕事です。部下には厳しい仕事をしてもらわないといけないけど、満足も与えてあげなければいけません。われわれ経営陣はどうすれば社員に満足をしてもらえるか、常に勉強し、考えています。

社長である夫は、会社でも家でも、全く変わりません。
気づけば、会社のことしか話していません。

これほど会社のことを考え、経営についての勉強家の社長は知りません。そばにいて、よくわかります。食事に行って、ワインを飲んでいる時も、会話は仕事のことです。私はお酒が弱いので、グラス1杯ぐらいしか飲まないですけど。
ただ、社長と仕事のことを話している時は、とっても楽しいんです。

気づけば私も、若い社員にとっては母親の歳になりました。
部下に接する時に気をつけていることがあります。

それは「愛」です。部下には、本音で厳しいことを言うこともあります。その中でも、この子にどういうフォローの言葉をかけてあげようかと常に考えています。「愛深ければなすこと多し」。社員には常に愛情を持って接することを心がけています。

息抜きや趣味のことを聞かれるんですが、会社に行っても、家に帰っても、社長と仕事のことばかり話しているので。昔は茶道をしていたのですが、今は忙しくてやっていません。社長が寝た後の、深夜が自分だけの時間ですね。何をするかと言うと、テレビで天気予報をよく見ます。私、いろんな局の天気予報を見るのが、好きなんです(笑)。